車を共有する人がいなくなった【自動車保険を見直すタイミング】

生活スタイルは徐々に変わっていくものです。

例えば、同居していた子供が結婚をしていなくなってしまった、

引っ越してしまったということも起こりえますし、

妻が亡くなってしまった、両親が亡くなったということもあるでしょう。

 

もしくは、自分一人だけで違う土地で一人暮らしを始める、

なんてこともあります。そのように、これまでとは生活スタイルが変わって、

車を共有して乗る人がいなくなった、少なくなったという場合、

自動車保険の条件を変更した方が良いでしょう。

 

家族の誰かが独立したら即チェック。

もし20歳前後の子供が同居していた場合、

おそらく自動車保険は年齢は無制限にしていることでしょう。

その子供がいなくなれば、自動車保険の年齢制限をつける事ができるでしょう。

そうなれば自動車保険の割引になります。

 

また、自分一人だけ運転することになったという場合などは、

家族限定どころか本人限定に制限することもでき、

自動車保険はもっと割引きになります。

ただ、その割引は保険会社によってことなります。

 

年齢制限、本人限定などはどこの保険会社の自動車保険にもありますが、

その割引率などは保険会社によって異なります。

ですので、これまでは無制限の中では安かったが、

制限を設けることで他の自動車保険の方が安くなるという事も考えられます。

そのため車を共有する人がいなくなったという場合、

自動車保険を見直すタイミングでもあります。

 

結婚や子供が運転免許を取得するなど車を共有して乗る人が、

増えた場合にはすぐにでも変更するでしょうが、

共有する人がいなくなった場合は、

補償が減るわけではないのでそのままにしがちです。

少しでも保険料を安くしたいなら見直ししてみましょう。

おすすめ自動車保険一括見積もりサイト

保険スクエアbang

保険スクエアbang!

おすすめポイント

・大手保険会社も含む最大20社の一括見積が可能!

・利用者数400万人以上の実績の保険スクエアbang!

・入力完了後すぐに見積もり結果がわかる!

自動車保険+JAFで「無料サービスの適用範囲拡大」

JAF

おすすめポイント

1.安心・充実のロードサービス
自動車保険のロードサービスで対応できない作業もJAFなら可能です。

2.お得な会員優待サービス

3.おすすめの入会金割引制度